30代の身近な体験記

サラリーマンが体験や経験を書き綴ってお届けします。メインは食べ物関係です。

MENU

痺れる旨さに注意報発令!?新発売の日清カップラーメンを食べてみた。

痺れる辛さと旨味のコラボレーション!

ナイスなカップラーメンを見つけてしまったので紹介します。

まずは写真をみてください。

新発売カップラーメン

ドン・キホーテで発見

新発売カップラーメン

 

 

少し前から話題となっている花椒(ホアジャオ 以下ホアジャオと記載)。

ラー油などのただ辛い!というだけではなく、舌がビリビリと痺れるような感覚になるのが特徴的なスパイスです。

 

昨今では、カップラーメンやカップ焼きそば等にスパイスとして加え、メーカーさんが販売してます。

 

【新発売商品は想像通りのビリビリ具合でクセになること間違いなし!】

今回頂いたカップラーメンは、くちびるが痛くなるほど辛い!というものではありません。

ちなみに中身はこんな感じでした(お湯を入れる前)

中身

中身

 

ビリビリオイル

ビリビリオイル

中身はいたって普通のカップラーメンでした。
まあそりゃそうか。
色見はカレー味に近い感じでしょうか。

 

付属のビリビリオイルには注意事項がありましたね。まあこれを買う時点で辛いの大好きな人だから問題はないでしょう。

特にすすった時に、ごっふぉ!?と咳き込んだ感じもなかったので、ビリビリ増強液といった感じです。

 

【いざビリビリ実食へ!長い3分がやっと経過した!】

3分後

3分後

ビリビリオイル投入直後です。オイルを入れると一気にホアジャオの香りが漂ってきました。匂いでお腹が減って、辛さの期待からか自然と涎が溢れてきました。

そしてずるずるずるっと食べてみると・・・?

 

ウマイ!!!

 

口に入れた瞬間に、ホアジャオの良い香りが鼻を抜けていき、そして直後にくる舌の痺れがたまらん・・・。

 

十分に辛味はありましたが、辛さが足りない!という方は、ラー油等スパイスの追加を推奨します。

 

【ホアジャオが効いたカップラーメン!おすすめの調味料はこれ!】

私はもっとホアジャオの痺れと香りを楽しみたかったので、あるものを投入しました。

それがこちら。

 

粉末ホアジャオ

粉末ホアジャオ

あんまり見慣れないのではないでしょうか。

 

袋に書いてある通り、これはホアジャオを粉末状にしたものです。

これを小さじ半分ほど投入したところ、ものすごく香りが強くなり大満足!

ホアジャオにドはまりしてから、スーパーを探してみたら地元の西友に普通に売ってたという奇跡。

 

【粉末ホアジャオの使用例】

麻婆豆腐の仕上げに小さじ1杯もしくは2杯入れると香りが漂ってきて食欲を更に掻き立ててくれます。

私はたまに麻婆麺を作るのですが、その際にこれで香りのひと手間をいつも加えています。

『我が家の麻婆麺に3〇クッキング!』

 

①炒めた麺に小さじ1杯入れ、全体になじませる。

(この時に我が家では麺に焦げ目を付けます。所々でカリカリとした食感も楽しめるのでオススメです)

②麻婆を炒めてから香り付けとして小さじ1杯入れる。

③麻婆を炒めた麺の上に乗せて完成です。

 

それぞれに小さじ1杯ずつ(計2杯)入れるだけで格段に香りが良くなり、味もホアジャオをしっかりと感じられるようになります。

 

『注意点』

入れすぎてしまうと、ホアジャオの香りが強すぎてしまい、おいしいと感じられなくなってしまいます。

小さじ1杯と書きましたが、少しずつ足していき自分に合った分量で作ることを強くオススメします。

 

やはり中華料理ととても相性が良かったですね。

特に麻婆系はオススメします。

 

【食べ終わった口内の状態は?果たして無事なのか!?】

ごちそうさまでした

ごちそうさまでした

あまりにも私好みの味だったので、ついついスープまで完食してしまいました。

口内状況はいたって通常運転です。

少し痺れが残っているかな?程度の感じでした。

 

【まとめ】

激辛を求めているのであれば、方向性が違うのかもしれません。

あくまで、痺れるうまさがコンセプトだなと実感するカップラーメンでした。

これは本当においしかったのでまた買いにいきます。

どうか売り切れないで!