30代の身近な体験記

サラリーマンが体験や経験を書き綴ってお届けします。メインは食べ物関係です。

MENU

黒毛和牛100%のハンバーガーを秋葉原でがぶりと頬張ろう

私まっくすお気に入りの喫茶店が秋葉原にあります。それは裏路地にありながらクレープやソフトクリームなどオシャレな食べ物を販売してます。

本日、暖かいこともあり「ソフトクリームでも食べるかあ」という感じでお店に行くと、なんと黒毛和牛100%のハンバーガーが販売されていました。

 

店前で男性店員が「黒毛和牛100%のハンバーガーを是非ご賞味くださ~い」って何回も言ってました。
かつ、丁寧に書かれた看板も目の前にドンッ!これは入るしかない!(心が叫びました)秋葉原にハンバーガー店は他にもありますが、お気に入りの喫茶店が黒毛和牛100%ハンバーガーを出しているという事実に心動きます。

EURO ハンバーガー 看板

ハンバーガー看板

 

看板には素材が書かれています。バンズに挟む素材はシンプルですが、だからこそ素材自体の味や食材のバランスが求められるといったこともあるはず。 

それでは、全体図の前に断面図を先にご覧ください。

黒毛和牛100%ハンバーガー

黒毛和牛100%ハンバーガー

黒毛和牛100%ハンバーガー

2枚目の写真はバンズが潰れてますが、パティの厚みは伝わると思います。

つなぎなしなので、噛みしめた瞬間に肉汁がジュワッっと口の中に広がりました。

さすが黒毛和牛100%ということだけあり、そんじょそこらのハンバーガーとはモノが違いました。

ふわふわのバンズに肉厚のパティとか最高の2文字しかないですよほんと。

ハンバーガー

ハンバーガー

お待たせしました。こちらが、提供された全体図になります。

右下にある緑のものはピクルスです。

(カゴは私が昔から愛してやまないモスバーガーのカゴに似てる。気のせいか?)

さあ、中身がこぼれ落ちないようにバンズをがしっと掴み大きな口でバクっといっちゃってください。

今回は天気が良かったので一番入口寄りの席に座りました。

EURO 席

EURO 席

ほぼ道路ですね。

右を向くとすぐに通りですが、大通りではないのでものすごく人通りが多いわけではありません。(多いことは多いんですけどね・・・)

暖かい気温に心地良い風が通り抜けていきます。

一人の場合はゆったりと過ごすことができそうです。

堰堤バーガー

限定バーガー

今回、私が頂いたのはシングルバーガー850円です。

パティがもっと食べたい!という欲張りさんのためにダブルバーガーも準備してあるなんて良心的なお店です。

天上の照明がメニュー表に反射して見えにくいですが、各50円でトッピングもあるので是非やってみてはいかがでしょうか。(チーズトッピングは確実にオススメです)

ドリンクセットは注文しないのであればセルフの水がありますのでそちらを利用しましょう。

秋葉原喫茶店~EURO~

秋葉原喫茶店~EURO~

最初にもちょろっと書きましたが、ここは秋葉原の裏路地にある喫茶店EUROです。

裏路地なので大通り沿いをいくら探しても見つかりません。

11時半頃に行きましたが、店内にいたのは2組。

私が入って10分程するとぞろぞろと人が流れ込んできましたので、お昼時に行くのであれば12時前に行くのをオススメします。

店内の席は20くらいで基本は2人掛けの席です。

ちなみに外ではクレープとソフトクリームの売り場窓口があるので、別々の窓口で会計ができるというのが良いと思いました。

デートでも使えるお店ですので、是非行ってみてください。